緊張や気持ちよくない事が原因になる

原因やなぜ起きてしまうかを耳にしたことがある方も多いかもしれません。 膣痙攣とは医学用語の一つで女性のあそこが痙攣を起こしてしまうことを指します。 一番の原因は膣痙攣は判明できていない? 正にそのままの症状なのですが、このような症状を生じてしまうと男性は挿入が困難になってしまいますから、普通のまともな性行為をすることができなくなってしまうのです。 また、この原因がわからない部分の痙攣については様々な都市伝説のような話もあります。 その中には到底信じがたいような話も存在します。 もっとも有名なところでは挿入した男性のペニスが抜けなくなってしまった、というものでしょう。 これがセックスしている相手の女性が膣の痙攣を起こしてしまいペニスが抜けなくなった、また結果的に結合したままで救急車を呼び病院に運ばれてしまった、という話を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。 原因不明で起きる可能性は女性には誰でもある? こうした話は割と昔からありますし、現在でもこれはインターネット上で嘘の様ですがそうしたニュースの記事をよく目にすることがあります。 しかし、実際にはあそこ周辺にそこまで強力な筋肉は存在しないためです。 こうしたことが起きるというのは医学上考えづらいのです。 やはり、結果ここでは挿入したペニスが何かしらのハプニングで抜けなくなってしまう、というのは一種のネットでの都市伝説のようなものだと考えて良いでしょう。

男性のテクニックが下手のことも原因の一つです

そもそも膣痙攣の原因とは一体何なのでしょうか。 この症状は外因的な刺激などが原因で生じることは少ないと本当は言われています。 つまり、セックス行為そのものの刺激が強かったりすることが原因ということはあまりないということです。 では、いったい何が原因なのかということですが、主な理由としては心理的なことが、そういわれている要因と言われています。 原因がわからないので膣痙攣にならないようにはできない。 過去にセックスで驚くほど嫌な思いをした、不快な感情が残っている、トラウマがあるというような女性だとこの症状が生じやすいと言われているのです。 ただし、これはあくまで医学上言われていることであり、実際には心理的な要因以外で症状が何度も出てしまうこともあるようです。 女性も毎回症状が出てしまうということではありません。 食事やストレスが原因となることは? どの程度の頻度で症状が出てしまうのかというのは今もって不明という部分が多く、分かっていないことも多いのです。 ただ、大きな原因としてはやはり先ほどお伝えした精神的な部分が大きいですから、お相手の女性にこうした症状が出てしまうことがある場合には注意した方が良いかもしれません。

不妊治療などでプレッシャーを感じていることが原因

不妊治療をしている時は、この日に性行為を行わなくてはいけないという使命感などでプレッシャーが掛かり、男性は勃起不全になったりします。 女性は膣痙攣にはならなくても不感症になってしまうこともあります。 早く赤ちゃんが欲しい、次は受精したいというメンタルの状態がネガティブな方向に働いてしまうことは良い流れではありません。 そういった時に膣痙攣ではなく性行為で不慮のトラブルが起きてしまいがちです。 もちろん医師に勧められたスケジュールで性行為をして膣内射精をすることは大切です。 しかし、相手のことを思いやって疲れていたら無理はしないことも必要です。 筋肉が硬くなってしまうことが原因。 女性の膣内やその周辺の筋肉が張って硬くなってしまうことで挿入している男性シンボルのペニスが急激に締め付けられてしまうことは実際にあることです。 中には出産後に、緩んでしまったあそこを鍛えるためにケーゲル体操や専用のグッズを使って引き締めるトレーニングをしている方も居るのです。 それを踏まえると締まりが良いことはメリットでもあるのです。 しかし、それを意図しているのではなく膣の筋肉が良くない理由で痙攣して張って硬くなってしまっているのではいけません。 まずは性行為の際にリラックスできていないことや恥ずかしさや痛みなどの恐怖を抱えているん度絵あれば、膣痙攣とは関係なく時間を掛けて気持ちを落ち着かせるところからスタートしましょう。

医師に相談をして原因をゆっくり解明していきましょう

原因が解れば治療することもできます。 現在ではこうした症状を改善、治療するためのカウンセリングなども行われていますし、そうしたシステムを利用して改善に向かわせることはできるでしょう。 しかし、この症状はパートナーの協力なくしては改善が難しいですから、しっかりと相手女性のことを支えてあげなくてはなりません。 本質的には精神的な問題ですから、そこをしっかりと受け止め、包み込むような感覚で接してあげないと改善への道は遠いと言えるでしょう。 リラックスして緊張しない様にすることで膣痙攣の原因をケア。 トラウマになってしまった原因を無理やり聞き出すようなことはしてはいけません。 相手の女性が嫌がるようなセックスを強要したりするのは言語道断です。 膣痙攣を起こすと挿入したペニスが抜けなくなる、という半分誤った知識が先走ってしまっている状態ですが、実際には挿入が難しくなるということが多いだけでそのようなことが起こるとは考えづらいです。 楽しいセックスライフを送るには正しい知識も身に付けておいた方が良いですから、これを機会に覚えておいてください。 過去の経験が原因となる可能性もあります。 また、この症状がセックスするたびに起きるという場合は割と重症の可能性がありますから、これは素人が無理に何とかしようとするのではなく、一度専門医に相談するなどした方が良いでしょう。 大切なお相手の身体ですから、トラブルをしっかりと理解しパートナーであるアナタがしっかり守ってあげなくてはなりません。

 膣痙攣~なりやすい体位や抜けなくなる女性の特徴とは


【関連記事】